食用金箔はどこに売ってる?購入先と1gの値段・安全性の徹底ガイド

4 min 40 views

100均やドンキ、イオン、カルディでの食用金箔の取扱い

セリアやダイソーなどの100均やドン・キホーテでの食用金箔の販売は一般的には確認されていないようです。これらの店舗で見かける商品は「金箔風商品」である事が多く、この「金箔風」な商品は装飾用としてのみ利用可能で食用としての安全性は保証されていません。

購入には細心の注意が必要です。これら量販店で食用金箔を探す際には、商品ラベルや成分表をきちんと確認し「食品用」と明記されているものを選ぶことが重要です。食品添加物としての認証や安全基準に準じているかどうかを必ずチェックするようにしましょう。

一方、イオンやカルディなどでは食用金箔を取り扱っていることがありますが、常時販売されている訳ではないようです。例えばイオンでは、一部の店舗がお正月やクリスマスなどの季節限定商品として食用金箔が取り扱われてます。訪問前に在庫状況を電話やウェブサイトで確認することが効果的です。カルディでも似たような状況で、特定の時期やキャンペーンに合わせて限定的に販売されるようです。

また、これらの店舗で取り扱っている食用金箔の価格は、量や品質によって異なりますが、平均的には0.1グラム当たり2,500円程度のようです。実店舗での購入を検討する場合、金箔の純度や安全性に関する情報も事前に確認すると良いでしょう。
ちなみに。成城石井での販売実績は見つかりませんでした。

食用金箔の成分と安全性:体への影響と誤解の真実

食用金箔の安全性を理解するには、その成分と体への影響に関する正確な情報が不可欠です。
金や銀は、厚生労働省から食品添加物(※既存添加物)の着色料及び製造溶剤として正式に認可されているので食べても安全です。食用金箔の主成分である純金は、その安定性から人体に無害とされているからです。
純金は消化されずに体外に排出されるため、健康への直接的な影響はありません。しかし、全ての金箔が100%純金であるわけではなく、市場に出回る食用金箔には微量の銀や銅が含まれることがあります。これらの添加物は金箔の加工過程で使用され、柔軟性を高める目的がありますが、安全性には配慮されています。例えば「金箔屋さくだ」の食用金箔は純度96.18%の金を使用し、銅を含まないため、特にアレルギーがある方にも安心して使用できます。
よくある誤解は、金箔が体に害を及ぼすというものですが、これは根拠のない情報です。食用金箔は、食品添加物として認可されており、適切な量であれば安全です。重要なのは、製品の成分を確認し、純度が高く不純物を含まない製品を選ぶことです。純金の比率が高いほど、金箔は安全で、色彩や輝きも美しくなります。

購入時には製品の成分表示を確認し、純度や成分に注目することが大切です。また、食品安全基準に準拠した製造プロセスを持つ製品を選ぶことで、安全性が高まります。製品によっては国際的な食品安全基準に基づいて製造されている場合もあり、これらは品質の高い食用金箔を求める消費者に適しています。
金箔に銅が含まれる場合は、摂取量に気を付ける必要があります。銅の1日摂取量の上限は成人で7mgとされており、これを超える量を摂取すると過剰症を発症するおそれがあるので注意しましょう。
金箔は食卓を華やかに彩るだけでなく、特別な日をさらに特別なものにする素晴らしい選択肢です。これらのポイントを理解し、適切に利用することで、その輝きを安全に楽しむことができます。

食用金箔の相場は?1gあたりの平均的な価格

食用金箔の価格相場を理解することは、購入を検討している方にとって非常に重要です。金箔の価格は、その純度や製造元、形状などによって大きく異なります。
金箔専門店の価格を調べたところ、0.1グラムあたりの価格が約1,500円から3,800円の範囲内に収まることが多いようですので、1gあたりに換算すると15,000~38,000円前後となります。地金+加工料(技術料)といった所でしょうか。
これはあくまで平均的な価格帯に過ぎず、特殊なデザインや形状を持つ金箔や、純度が極めて高いものは、平均価格を上回ることがあります。これらの金箔は、通常のものよりも製造工程が複雑であり、特別な技術が必要とされるため、価格が高くなる傾向にあります。具体的な例として「華ふぶき」という製品が挙げられます。これは、金含有率が96.18%と高く、0.3グラムで約6,000円程度で販売されています。
金箔の価格は、国際金市場の価格動向によっても影響を受けます。過去数年にわたり、金価格の上昇が金箔の価格に直接的な影響を与えています。たとえば、過去5年間で、1グラムあたりの金地金価格は約5,000円から倍以上の1万円超えとなっています(2023年12月時点)。金価格の動向は経済の不安定さや政治的な変動に左右されるため、これらの要因に注目して市場の動きを見極めることが重要です。
金はインフレや通貨価値の下落に強い資産であり、経済的な不安が続く限り、金の需要は高まり続けると考えられています。これにより、今後数年間は食用金箔も高価格帯で取引されることが予想されます。
食用金箔の価格は金の市場価格と密接に関連しています。そのため、地金商などで提供される金地金の現在価格をチェックすると、金箔の価格動向をより理解しやすくなるかもしれません。

ヤフオクやメルカリでの食用金箔購入は要注意!専門店での購入のオススメ

食用金箔は実店舗よりネット経由の方が入手しやすいですが、ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリで食用金箔を購入する際は、特に注意が必要です。これらのプラットフォームでは、出品者の信頼性や商品の安全性が保証されていないことが多く、購入に際しては慎重な判断が求められます。商品説明に「食用」と明記されているか、原産国や成分表記が提供されているかを確認し、信頼できる出品者から購入することが重要です。悪質な販売者は偽物を本物と謡っている場合があるからです。
また長期間自宅で保存されていた商品も出品されていますので、でんぷん含有タイプの金箔の場合は賞味期限についても確認が必要です。
安心して食用金箔を購入するためには、金箔専門店のオンラインショップが最適です。これらの店舗では、品質と安全性が確認された様々な種類の金箔を提供しています。

日本国内の金箔専門店の紹介

日本は、世界的に有名な金箔の産地です。数多くの専門店が存在し、高品質な食用金箔を提供しています。例えば、「堀金金箔」は、純度99.99%の非常に高品質な金箔を扱う老舗店です。これらの金箔は、料理やスイーツの装飾に最適で、その輝きは見栄えを大きく引き上げます。また「ツキオカフィルム製薬」は、飲料に加えるフレーク状の金箔なども提供しており、シャンパンや日本酒に浮かべることで、特別な日の乾杯を華やかに演出します。その他、スプレー製品やハート型などデザイン性の高い商品を数多く取り扱っています。
専門店では、金箔の選び方や使い方、保存方法に関するアドバイスも提供されています。これにより、初心者でも安心して金箔を使用できます。また、オンラインショップ「箔一」や「今井金箔」では、特別なイベントやギフト用に適したデザイン性の高い金箔も購入できます。

これら専門店のオンラインショップでは、製品の純度や使用されている金属の種類、製造過程など、消費者が知りたい情報が詳細に記載されており、製品の品質と安全性を確認しやすいです。
日本国内の金箔専門店を訪れることで、料理やデザートを特別なものに変えることができるだけでなく、金箔に関する深い知識を得ることもできます。また、オンラインショップでの購入は、製品の価格や使用目的に応じて適切な金箔を選択することで、食用金箔の美しさを最大限に活用することができます。

食用金箔を安全に楽しむためには、信頼できる専門店のオンラインショップでの購入が最良の方法と言えるでしょう。

製菓材料店等では金箔専門店の商品を取り扱っている事が殆どです。ショップのポイント目当てでなければ専門店で買った方が安価な場合が多いです。
専門店と製菓材料店のURLを載せておきます。専門店によっては実店舗の案内も載っていますので、参考にしてください。

金箔専門店

価格重視の方は専門店での購入をお勧めします

ショップ名(クリックで飛べます)おすすめポイント
今井金箔少量、中量の取扱いがあります
カタニ筒入りの金箔ふりかけがあります
柳金箔少量の取扱いがあります
箔座星型、ハート形、道具の取扱いも豊富です
箔一種類がとても豊富です
金箔屋さくだ少量、中量の取扱いがあります
ツキオカフィルム製薬スプレータイプもあり、デザイン性が高いです
堀金箔粉シートタイプ、切廻しタイプがあります

食材店

お店のポイントを集めているなら食材店もオススメ

ショップ名(クリックで飛べます)オススメポイント
富澤商店金箔だけでなく専門的な食材の取扱いもあります
COTTA食材だけでなくラッピング用品や製菓道具類も豊富です
本間商店かっぱ橋にある製菓材料店です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です